音の大きさと防音室

  1. トップページ
  2. 音の大きさと防音室

ドラム・バンド等の楽器、生活音の大きさと防音室

音の大きさ 音の対象(距離) 音の対象(距離)
130dB
生ドラム
ロックバンド
落雷・聴覚器官にダメージの
影響が大きいライン
120dB
ライブハウス
新幹線鉄橋通過
110dB
サックス
金管楽器
自動車の警笛(2m)
100dB
ボーカル
ファゴット
オーボエ
ハープ
地下の構内
地下繁華街の音
犬の声(1m)
90dB
ピアノ
クラリネット
VOCAL
フルート
地下鉄車中
パチンコ店内
滝の音(近く)
80dB
ステレオ中音量
生ギター
ヴァイオリン
電話
ボーリング場
機械工場の音
大型幹線道路
70dB 掃除機・声が大きい・テレビ中音 新幹線内・乗用車・レストラン・工場
60dB 一般的な家庭の朝・普通の声
トイレ洗浄音・テレビ小音
学校の授業・銀行内の音
50dB とても静かな環境のライン
換気扇エアコンの音・小さな声
静かな室内・図書館・博物館
事務所の音
40dB ささやき声・鼻息・小雨の音
すやすや居眠り
昼の住宅街・コオロギの遠音・換気扇

バンド演奏時の遮音等級の目安

戸建住宅の場合

遮音等級 バンド演奏 備考
Dr-85dB    
Dr-80dB
Dr-75dB
Dr-70dB
Dr-65dB 全く聞こえない
Dr-60dB
リブテック基本仕様
リブテック基本仕様
Dr-55dB
Dr-50dB 曲がわかるほど聞こえる 近隣クレーム発生はない
Dr-45dB 近隣クレーム発生は少ない
Dr-40dB 近隣クレーム発生の危険
Dr-35dB 近隣クレーム発生の危険大
Dr-30dB 時間制限などの必要性

本当にお求めの遮音・防音性能が取れていますか?

バンド用防音室はドアや、窓、床、壁だけの防音対策だけでは不十分!?

部分的な防音対策を行う時の落とし穴があります。ドラム・バンドスタジオ・プライベートスタジオなどの防音を行う場合、ドア、床、窓だけの部分的な対策を行っても、⼗分な防音措置が出来ておらず、せっかくお金をかけて対策したにもかかわらず、再度の防音措置を弊社に相談いただくケースが数多くあります。バンド室は低音や振動まで考慮する防音室のため、どこまで防音対策を行った方が良いか、部屋の状況やご要望からアドバイスをさせていただきます。正確な現地調査から打ち合わせをしてしっかりとした防音性能を実現します。まずは、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・見積請求

ドラム・バンドスタジオ用防音工事・各種リフォームのお見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ